楽天モバイル スタートガイドブック

楽天モバイルとソフトバンクの組み合わせで iPhoneを使用した感想

本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の状況は 各サイト・各店舗にてご確認くだい。   こんにちは。ソムリエ ブロガー みやっちょです。   みやっちょ今回は、楽天モバイル UN-LIMIT のお話です。   携帯電話の通信費って高いですよね。 私の先月までの状況は iPhone XR を使用 24回払い 回線はソフトバンク、プランは古いまま モバイルWi-Fi は WiMAX2   ソフトバンク回線とiPhone の機種代で、毎月約8,000円 WiM ...

ReadMore

クレマン ダルザス キュヴェ マネキネコ

【猫とワインのマリアージュ】可愛いです!猫のラベルのお酒 まとめ

  こんにちは。ソムリエ ブロガー みやっちょです。   みやっちょ今回は、猫のラベルのお酒のまとめです。   猫のラベルのワインを探している 猫のラベルのお酒を探している 猫のラベルのお酒をプレゼントしたい という方におすすめの記事です。   世界にはたくさんの猫のラベルのワインがあります。 お気に入りの猫ラベルのワインが見つかると良いですね!!     【猫とワインのマリアージュ】可愛いです!猫のラベルのお酒 【猫とワインのマリアージュ】ドイ ...

ReadMore

ワインの本

おすすめ ワイン本 まとめ

  こんにちは。ソムリエ ブロガー みやっちょです。   みやっちょ今回は「おすすめ ワイン本」のまとめです。   今まで読んだワイン本で 面白かったワイン本 おすすめのワイン漫画本 Twitterの企画で紹介した本 ワイン本のおすすめ記事 を紹介します。   勉強のためだけではなく、読んで楽しいワインの本も紹介します。 眺めているだけでも楽しいワインの本もありますよ。   みやっちょ個人的には簡単で読みやすいワインの本が好きです。   &nbs ...

ReadMore

HINEMOS(ひねもす)「REIJI」

甘いだけじゃない!ピンク色の日本酒 HINEMOS(ひねもす)REIJI

本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新の状況は 各サイトにてご確認くだい。   こんにちは。ソムリエ ブロガー みやっちょです。   みやっちょ今回は、綺麗なピンクの甘い日本酒HINEMOSの『REIJI』を紹介します。   仕事の後、なんかビールという気分じゃないな… ワインを開けるのもちょっと手間がかかるし… 癒されるお酒…ないかな…   そんな時にオススメなのがHINEMOS(ひねもす)の『REIJI』です。   え?日本酒はちょっと… ...

ReadMore

華ずし 冷凍金華鯖寿司

【華ずし】金華サバの「鯖寿司」と「炙り〆鯖」を注文してみた

本ページの情報は2020年6月時点のものです。最新の状況は 各サイト・各店舗にてご確認ください。   こんにちは。ソムリエ ブロガー みやっちょです。   みやっちょ今回は、金華サバで有名な『華ずし』を紹介します。   鯖寿司って美味しいけど、賞味期限がせいぜい3日ほどと短いですよね。 冷蔵庫で保存するとどうしてもシャリが固くなるし…   そんな鯖寿司好きにおすすめするのが、『華ずし』の冷凍金華鯖寿司です。   注文して届いた商品がこちらです。 華ずし 冷 ...

ReadMore

ザ ワイン マグナムエディション

ワイン本『The WINE マグナムエディション』が超おすすめの理由

  こんにちは。ソムリエ ブロガー みやっちょです。   『The WINE マグナムエディション 〜ワインを極めたい人の 至高のマスター & テイスティングバイブル〜』を購入しました。   みやっちょ今回は『The WINE マグナムエディション』を紹介します!   300ページの大型本です。イラストたっぷり。オールカラーです。   タイトルや表紙の割には中身は絵本のようにチャーミングです。 雑誌のようにパラパラとめくっているだけでも楽しい本なのですが、 ...

ReadMore

おすすめ ヴィーニョ・ヴェルデ【安くて美味しい3選!】

  こんにちは。ソムリエ ブロガー みやっちょです。   みやっちょ今回は、比較的、手に入りやすい 1,000円前後で買える『ヴィーニョ・ヴェルデ』 を紹介します!   インスタにもあげましたが、2019年9月1日から9月30日まで【DEAN & DELUCA】で『TASTE OF MACAO』というマカオ料理の特集をやっていたので買いに行ってきました。   この投稿をInstagramで見る アフリカンチキンとヴィーニョヴェルデ。マカオの定番を自宅で。 # ...

ReadMore

スパークリングワイン フランスワイン

シャンパーニュの基本

こんにちは。みやっちょです。

 

昨日、みんなで集まる機会がありました。飲んだワインはこちらです。

シャンパーニュの基本

今回飲んだワイン3本

『ドンペリニヨン2008』、『フランソワ・ビリオン キュヴェ・マリー・カトリーヌ』、『シャトー・デュ・テルトル2016』

『シャトー・デュ・テルトル2016』は私がボルドー・プリムールで購入したものです。ボルドー・プリムールの話はこちらから

 

シャンパーニュが2本と格付けボルドーが1本。大満足でした。

シャンパーニュが2本もあったので、今回はシャンパーニュの基本を勉強したいと思います。

 

シャンパーニュのブドウ品種は?

シャンパーニュの主なブドウ品種を言えますか??

これはソムリエ・ワインエキスパート試験では基本中の基本です。なので試験に興味がない方でも知っている人は多いと思います。

  • Chardonnay シャルドネ
  • Pinot Noir ピノ・ノワール
  • Meunier ムニエ

ですね。

栽培面積が一番大きいのはピノ・ノワールでシャンパーニュ地方全体の39%、次がムニエで33%、意外にもシャルドネが一番小さく28%です。

 

実は、3種以外にもA.O.C.シャンパーニュに認められているブドウ品種があるのです。

  • Arbanne アルバンヌ
  • Petit Meslier プティ・メリエ
  • Pinot Blanc ピノ・ブラン
  • Pinot Gris(Fromenteau)ピノ・グリ(フロマントー)

しかし、この4種類のブドウ栽培面積を全て合わせても1%に満たないんです。なかなか見かけないわけですよね。

ただ現代のネット社会は便利です。ネットで検索してみてください。全7種類のブドウを全て使用したシャンパーニュなどが出てきますよ。プレゼントに面白そうですね。

 

シャンパーニュ地方はスパークリングワインだけ?

「シャンパンはシャンパーニュ地方で造られたスパークリングワインだけがシャンパンって呼べるんだからね。」

こんな会話も一般的になりましたね。こういう知識がワインを飲まない方にも広まっているのは良いことですよね。

 

シャンパーニュ地方のA.O.C.をみていきます。

Champagne シャンパーニュ 発泡白、発泡ロゼ

伝統的製法によって造られる発泡性ワインで白ワインとロゼワインが認められています。使用ブドウ品種は上記の通り、シャルドネ、ピノ・ノワール、ムニエの他に4種類で全部で7種類です。

伝統的製法はわかりますか?そうです瓶内二次発酵方式ですね。

特定の村で収穫されたブドウを使用した場合は Grand Cruグランクリュや Premier Cruプルミエ・クリュの表示が認められています。

今回飲んだ「フランソワ・ビリオン」には『GRAND CRU』の文字が見えますね。

シャンパーニュの基本

フランソワ・ビリオン

 

では、シャンパーニュ地方ではスパークリングワインしか造っていないのかというと造られているのですね。こういうワインはプレゼントに良いですよね。

Coteaux Champenois コトー・シャンプノワ 白、ロゼ、赤

A.O.C.シャンパーニュ地区で造られる非発泡性のワインです。白ワイン、ロゼワインだけでなく、赤ワインも造られています。使用可能なブドウ品種はA.O.C.シャンパーニュと同じです。機械収穫は認められていません。

『シャンパーニュ地方で造られた赤ワイン』なんてプレゼントに最高ですね!

 

Rosé des Riceys ロゼ・デ・リセイ ロゼ

シャンパーニュ地方南部オーブ県のレ・リセイ村で造られるロゼワインのA.O.C.です。

使用ブドウ品種はピノ・ノワールのみです。

ロゼ好きの人は一度は飲みたいワインですよね。シャンパーニュ地方のロゼワイン。これもプレゼントに良いですよね。

と思って調べたのですが、本日2019年8月5日の時点でネットショッピングに引っかかりません。買えない。この便利な時代でも買えない!見つけたら買いですね。

 

シャンパーニュの種類

シャンパーニュの種類を見ていきましょう。

 

ヴィンテージとノンヴィンテージ

厳しい気候のシャンパーニュでは毎年一定の品質を保つことが難しいので、その年のワインと過去に収穫したワインをブレンドして品質の安定化をはかります。複数の収穫年のワインをブレンドするので収穫年を表示することが出来ないノンヴィンテージとなるわけです。

一方、今回のドンペリニヨンのラベルには『2008』と書いてありますね。これは造られた年ではなくブドウの収穫年です。ヴィンテージは優良年や特徴的な年にのみに造られる単一収穫年のシャンパーニュです。このドンペリニヨンは2008年のブドウのみで造られたという事です。

優良年のみ?

そうなんです。例えばドンペリニヨンは、2001年、2007年ヴィンテージは発売されていません。

シャンパーニュの基本

ドンペリニヨン2008

ブラン・ド・ブランとブラン・ド・ノワール

ブラン・ド・ブランとは白ブドウのみで造られたシャンパーニュです。一般的にシャルドネ100%で造られたシャンパーニュです。

ごく稀に、先ほどの希少品種であるアルバンヌ、プティ・メリエ、ピノ・ブラン、ピノ・グリが使用される事もありますが、探す方が大変そうですね。4種で1%以下ですから。

ブラン・ド・ノワールとは黒ブドウから造られた無色のシャンパーニュです。一般的にはピノ・ノワール100%で造られたシャンパーニュです。もちろんムニエ100%のものもあります。

 

プレステージキュヴェとは

生産されるラインナップの中でも最も上位に位置付けるシャンパーニュです。生産者の「顔」ともいうべき最高級クラスのシャンパーニュの事です。

 

シャンパーニュの残糖量表示

多くの発泡性ワインは澱抜き後にドサージュを行います。ドサージュとは糖分を添加し味わいを調整する事です。

今回のシャンパーニュでいうと、ドンペリニヨンは「Brut」、フランソワ・ビリオンは「EXTRA BRUT」と記載されています。

 

フランスのスパークリングワインの残糖量の表示をまとめます

表示 残糖量
Extra Brut エクストラ・ブリュット 0〜6g/ℓ
Brut ブリュット 0〜12g/ℓ未満
Extra Sec (Extra Dry) エクストラ・セック 12〜17g/ℓ
Sec セック 17〜32g/ℓ
Demi-Sec ドゥミ・セック 32〜50g/ℓ
Doux ドゥー 50g/ℓ超
*本規程には、±3g/ℓの許容範囲が認められている。

 

残糖3g/ℓ以下、またはまったく糖分添加をしていないものには、Brut Natureブリュット・ナチュール Pas Dosé パ・ドゼ Dosage Zéro ドサージュ・ゼロ の表示も認められています。

 

シャンパーニュ生産者の登録業態とその略号

この記号はよく見ないとわからないのですが、シャンパーニュを購入する際に非常に役に立つ記号です。日常では『NM』と『RM』を覚えておけば問題ないでしょう。

とても小さい字ですが、ドンペリニヨンには「NM-549-002」

シャンパーニュの基本

ドンペリニヨン NM

フランソワ・ビリオンは「RM-20437-01」

シャンパーニュの基本

フランソワ・ビリオン RM

と記載されています。

シャンパーニュ生産者がその業態に応じてシャンパーニュ委員会(CIVC)に登録している略号です。

 

NM ネゴシアン・マニピュラン

ブドウを他者から購入しシャンパーニュを醸造する生産者です。いわゆるメゾンですね。メゾンとは大手生産者の事です。

多くの農家が直接、あるいは協同組合を通してメゾンにブドウを供給する形が一般化しています。

今回のドンペリニヨンがこれにあたるわけです。万人ウケする安定したシャンパーニュですね。

 

RM レコルタン・マニピュラン

大手メゾンのシャンパーニュを飲み慣れた方、シャンパーニュ好きの方へのプレゼントには『RM』と記載されたシャンパーニュがオススメです。

自社畑で収穫されたブドウのみを使用し、自らシャンパーニュの醸造も行う栽培農家です。小規模生産者です。個性がハッキリとして造り手のこだわりが反映されたシャンパーニュです。

今回のフランソワ・ビリオンがこれにあたります。

 

あとはソムリエ・ワインエキスパート試験を受験する方は必須ですが、サラッと紹介しておきます。(参考文献:2019年度ソムリエ協会教本)

CM コーペラティヴ・ド・マニピュラン

加盟する栽培農家が持ち込んだブドウを原料として、醸造から販売までを行う生産者協同組合です。

 

RC レコルタン・コーペラトゥール

協同組合にブドウを持ち込み醸造を委託し、相当量のシャンパーニュを買い取って自社銘柄で販売する栽培農家です。

 

SR ソシエテ・ド・レコルタン

一族の所有するブドウ畑で収穫された原料を用いてシャンパーニュを醸造、販売する栽培農家です。一族の所有というのがわかりにくかったのですが、他から購入するのではなく、家族や親類などの畑のブドウで醸造、販売するのですね。

 

ND ネゴシアン・ディストリビュトゥール

完成したシャンパーニュを購入し、自社ブランドのラベルを貼って販売する流通業者です。おお、こんな業者もあるのですね。

 

MA マルク・ダシュトゥール

スーパーマーケットやレストランなどのプライベートラベルが貼られたシャンパーニュです。

 

 

シャンパーニュまとめ

いかがだったでしょうか。軽くサラッとシャンパーニュの基本を書きましたが、結構なボリュームになりました。

 

さらに美味しくシャンパーニュが楽しめますね。

 

カンパーイ!

 

ではまた。

 

 

 

-スパークリングワイン, フランスワイン
-, , , ,

© 2020 みやログ