ワインの本

おすすめ ワイン本 まとめ

  こんにちは。ソムリエ ブロガー みやっちょです。   みやっちょ今回は「おすすめ ワイン本」のまとめです。   今まで読んだワイン本で 面白かったワイン本 おすすめのワイン漫画本 Twitterの企画で紹介した本 ワイン本のおすすめ記事 を紹介します。   勉強のためだけではなく、読んで楽しいワインの本も紹介します。 眺めているだけでも楽しいワインの本もありますよ。   みやっちょ個人的には簡単で読みやすいワインの本が好きです。   &nbs ...

ReadMore

HINEMOS(ひねもす)「REIJI」

甘いだけじゃない!ピンク色の日本酒 HINEMOS(ひねもす)REIJI

本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新の状況は 各サイトにてご確認くだい。   こんにちは。ソムリエ ブロガー みやっちょです。   みやっちょ今回は、綺麗なピンクの甘い日本酒HINEMOSの『REIJI』を紹介します。   仕事の後、なんかビールという気分じゃないな… ワインを開けるのもちょっと手間がかかるし… 癒されるお酒…ないかな…   そんな時にオススメなのがHINEMOS(ひねもす)の『REIJI』です。   え?日本酒はちょっと… ...

ReadMore

華ずし 冷凍金華鯖寿司

【華ずし】金華サバの「鯖寿司」と「炙り〆鯖」を注文してみた

本ページの情報は2020年6月時点のものです。最新の状況は 各サイト・各店舗にてご確認ください。   こんにちは。ソムリエ ブロガー みやっちょです。   みやっちょ今回は、金華サバで有名な『華ずし』を紹介します。   鯖寿司って美味しいけど、賞味期限がせいぜい3日ほどと短いですよね。 冷蔵庫で保存するとどうしてもシャリが固くなるし…   そんな鯖寿司好きにおすすめするのが、『華ずし』の冷凍金華鯖寿司です。   注文して届いた商品がこちらです。 華ずし 冷 ...

ReadMore

ザ ワイン マグナムエディション

ワイン本『The WINE マグナムエディション』が超おすすめの理由

  こんにちは。ソムリエ ブロガー みやっちょです。   『The WINE マグナムエディション 〜ワインを極めたい人の 至高のマスター & テイスティングバイブル〜』を購入しました。   みやっちょ今回は『The WINE マグナムエディション』を紹介します!   300ページの大型本です。イラストたっぷり。オールカラーです。   タイトルや表紙の割には中身は絵本のようにチャーミングです。 雑誌のようにパラパラとめくっているだけでも楽しい本なのですが、 ...

ReadMore

おすすめ ヴィーニョ・ヴェルデ【安くて美味しい3選!】

  こんにちは。ソムリエ ブロガー みやっちょです。   みやっちょ今回は、比較的、手に入りやすい 1,000円前後で買える『ヴィーニョ・ヴェルデ』 を紹介します!   インスタにもあげましたが、2019年9月1日から9月30日まで【DEAN & DELUCA】で『TASTE OF MACAO』というマカオ料理の特集をやっていたので買いに行ってきました。   この投稿をInstagramで見る アフリカンチキンとヴィーニョヴェルデ。マカオの定番を自宅で。 # ...

ReadMore

ソムリエ

ソムリエ 二次試験 過去10年に出題されたワイン【2020年度版】

 

こんにちは。ソムリエ ブロガー みやっちょです。

 

みやっちょ
今回は、ソムリエの二次試験に出題されたワイン10年分をまとめてみました。

 

  • ソムリエ二次試験で、どんなぶどう品種のワインが出題されたのか知りたい
  • ソムリエ二次試験で、どの生産国ワインが出題されたのかを知りたい

という方におすすめの記事です。

 

2010年から2019年まで10年間のソムリエ二次試験の出題ワインです。

実際にまとめていたら、今まで思っていたイメージとは違う結果でした。

 

 

ソムリエ 二次試験 過去10年に出題されたワイン

ソムリエ二次試験は、例年、ワイン3種類と、その他飲料が2種類が出題されています。

 

今回はワインにしぼってまとめてみました。

1回で3種類のワインなので、10年間で30種類です。

 

 

ソムリエ 二次試験 過去10年に出題されたワイン

出題年 ぶどう品種 種類 生産国 ヴィンテージ
2019年 アリゴテ フランス 2016
2019年 カベルネ・ソーヴィニヨン アメリカ 2016
2019年 テンプラニーリョ スペイン 2014
2018年 トロンテス アルゼンチン 2016
2018年 リースリング フランス 2016
2018年 シラーズ オーストラリア 2016
2017年 甲州 日本 2016
2017年 カベルネ・ソーヴィニヨン オーストラリア 2014
2017年 サンジョヴェーゼ イタリア 2014
2016年 シャルドネ フランス 2014
2016年 シラーズ オーストラリア 2014
2016年 マスカット・ベーリーA 日本 2013
2015年 ソーヴィニヨン・ブラン フランス 2012
2015年 リースリング フランス 2014
2015年 ピノ・ノワール ニュージーランド 2012
2014年 シャルドネ アメリカ 2012
2014年 カベルネ・ソーヴィニヨン オーストラリア 2011
2014年 ピノ・ノワール フランス 2009
2013年 シャルドネ オーストラリア 2010
2013年 リースリング ドイツ 2011
2013年 メルロ フランス 2009
2012年 リースリング ドイツ 2009
2012年 ピノ・ノワール アメリカ 2009
2012年 シラー フランス 2008
2011年 シャルドネ アメリカ 2009
2011年 サンジョヴェーゼ イタリア 2007
2011年 シラーズ オーストラリア 2007
2010年 ミュスカデ フランス 2009
2010年 ネッビオーロ イタリア 2005
2010年 メルロ オーストラリア 2008

 

 

ソムリエ 二次試験 過去10年に出題されたワイン ぶどう品種別

ぶどう品種別の出題回数です。

  • 赤ワインのシラー(シラーズ)4回
  • 白ワインのリースリング4回
  • 白ワインのシャルドネ4回

が、過去10年間で最多出題のぶどう品種です。

 

続いて

  • 赤ワインのカベルネ・ソーヴィニヨン3回
  • 赤ワインのピノ・ノワール3回
  • 赤ワインのサンジョヴェーゼ2回
  • 赤ワインのメルロー2回

 

あとは、1回ずつしか出題されていません。

 

赤ワインは

  • テンプラニーリョ
  • マスカット・ベーリーA
  • ネッビオーロ

 

白ワインは

  • トロンテス
  • 甲州
  • ソーヴィニヨン・ブラン
  • ミュスカデ

です。

 

みやっちょ
バランス良く出題されていますね。

 

 

ソムリエ 二次試験 過去10年に出題されたワイン ワイン種類別

白ワインと赤ワインの比率についてです。

ソムリエ二次試験では、例年、ワインが3種類出題されます。

白ワインが2本、赤ワインが1本の時と、白ワインが1本、赤ワインが2本の時があります。

 

白、赤、赤 と 白、白、赤

が交互に出題されているのかと思いきや、

 

白、赤、赤 の次の年に 白、赤、赤

と2年連続で赤ワイン2本が出題されているパターンもありますね。

 

結果、10年間で30種類のワインのうち

赤ワイン 17種類

白ワイン 13種類

と赤ワインが少し多めでした。

 

 

ソムリエ 二次試験 過去10年に出題されたワイン 生産国別

生産国別の出題回数です。

  • フランス 9回
  • オーストラリア 7回
  • アメリカ 4回
  • イタリア 3回
  • 日本 2回
  • ドイツ 2回
  • スペイン 1回
  • アルゼンチン 1回
  • ニュージーランド 1回

でした。

 

やはりフランスが多いですね。予想以上に多かったのがオーストラリアです。

  • スペインはテンプラニーリョ
  • アルゼンチンはトロンテス
  • ドイツはリースリング
  • イタリアはサンジョヴェーゼネッビオーロ
  • 日本はマスカット・ベーリーA甲州
  • ニュージーランド は ピノ・ノワール

と、ぶどう品種と生産国の関係性は素直な選択になっています。

 

ただニュージーランドはソーヴィニヨン・ブランではなくピノ・ノワールでした。

みやっちょ
ほんの少しだけ意地悪ですね。もっと素直にソーヴィニヨン・ブラン出してよ!

 

アメリカも、シャルドネが2回、ピノ・ノワールカベルネ・ソーヴィニヨンが各1回ずつです。

 

オーストラリアは、シラーズが3回、カベルネ・ソーヴィニヨンが2回、あとは、シャルドネメルロです。

 

フランスは、リースリングが2回 出題された以外は全て1回ずつの出題です。

アリゴテシャルドネソーヴィニヨン・ブランピノ・ノワールメルロシラーミュスカデ です。

 

 

 

ソムリエ 二次試験 過去10年に出題されたワイン まとめ

赤ワインに関しては、カベルネ・ソーヴィニヨンピノ・ノワールシラーズ(シラー)が多く出題されていました。

メルローが少なかったのは意外でした。

 

白ワインに関しては、シャルドネリースリングが多く出題されていました。

ソーヴィニヨン・ブランが少なかったのは意外でした。

 

生産国に関しては、フランスがやはり多かったですね。でもぶどう品種はバラバラの出題です。

オーストラリアは、シラーズの出題が多かったので、オーストラリア全体的な出題数も多くなりました。

 

もう少し、出題されやすいぶどう品種とかあると思っていたのですが、予想以上にバランス良く出題されていることがわかりました。

 

2019年のフランス・アリゴテのようなちょっとしたサプライズもありますが、基本的な品種は押さえておきたいですね。

 

それでは、また。

-ソムリエ
-

© 2020 みやログ